春。

始まりの季節。

 

「大学に合格しました」

時々お母さんと来て下さる息子さん。

その日は、お母さんと弟くんといっしょに

嬉しい報告でした。

次にお会いする時は

ちょっと大人の顔になっているのだろうなと

子供時代の最後の日を見させてもたったような

柔らかな春の昼下がり。

「希望」と「光」が

形となって見えた午後でした。

 

毎年3月は、転居や新しい道に向けて

別れの季節でもあります。

お店を始めた頃は、そんな場面に

切なくなり、なんだか3月は寂しい季節でもありました。

季節を重ねるうちに

そのお別れから再会を知ると

さよならはまた会いましょうだと

笑顔でこの季節を過ごせるようになりました。

 

その息子さんの好きな

バナナのタルトを

これからもここで

焼いていきますね。

 

お菓子やお料理のレシピに

そんな物語が増えていくのは

とてもしあわせなことだと

思っています。


春がやってきました。

近くの夜宮公園の桜も

一斉に咲き誇り

今日も芝生広場には

お花見を楽しむ方が

たくさんいらっしゃいました。

私もお散歩に、賑やかな空気の中で

ゆっくりとひとりの時間を楽しみました。

お花見の仕方もいろいろですね。

鳥のさえずり、子供達のはしゃぐ声、

眩しい光に包まれて

ひとりでも心はとてもおしゃべりです。

IMG01361

 

アターブルでも季節のお茶を。

ひとつはマリアージュ・フレールの

サクラインペリアル。甘酸っぱい香りです。

もうひとつはchasitsuさんの

さくら緑茶。桜餅の甘いかおりがほんのりと。

ふたつとも緑茶のフレーバーティーですが

それぞれの香りをお楽しみ下さい。

お花見帰りに

ぜひおたちよりくださいね。

 

新しい1週間も健やかに。


発行されることを聞いてから

ずっと待っていた

久しぶりの「OLIVE」。

 

ページをめくるたびに

どきどきしました!

IMG01344

 

衣食住、そして文学にアートに映画。

10代の時に

こんな雑誌を月に2回も手にできていたことは

本当にしあわせだったなと

あらためて思いました。

フランスに憧れたのも

OLIVEがあったからかな。

堀井さんのお料理のページ、

小沢くんの連載も

にんまりしちゃいました。

 

あぁ、季刊誌でもいいので

復活を切望します!


お天気の心配もあった日曜日。

夜半に降った雨も上がり

気持ちのいい一日になりました!

IMG01340

 

みなさんの祈りが空に伝わりました!

ほんとうにたくさんの方に

お越しいただきました。

ありがとうございました。

大雨のオープニングから1年、

図書館も市民の皆さんに根付き

そして芝生広場の芝生もふっかふかに育ち

ちびっこからご年配の方まで

たくさんの笑顔に出会えました。

アターブルもスコーンやジャム、お菓子など

IMG01332

スコーンは午後のお客様にはお待たせしたり

売り切れてしまった後にもたくさんの

お客様にお声をかけていただいて

申し訳ありませんでした。

次回の菖蒲祭りには

もう少したくさん作っていきたいと思っています。

 

雑貨やアンティーク、そしておいしそうな食べ物、

あわいの会(戸畑のお店の会です)には

たくさんの個性豊かなお店があります。

私達の暮らす町 戸畑に

たくさんの方が来てくださって

ほんとうに嬉しく、そして

たくさんのありがとうを

心からお礼を申し上げます。

 

 


三寒四温。

本当にそうですね。

ここ数日は寒さが戻っていますが、

今日は花を開いた、少し気の早い桜の木を

見ました。

アターブルも春らしく賑やかな毎日が

続いています。

IMG01314

さて、15日(日)は

戸畑図書館が新しくなって

1周年のイベント

「戸畑図書館 蚤の市」。

間(あわい)の会という

戸畑のいろいろなお店が

芝生広場に集まります。

ふたご亭のりえさんが

素敵なフライヤーを作って下さいました。

中には戸畑マップもあるので

ぜひご覧ください。

写真撮影やワークショップもあるので

ご家族で楽しんでいただけると思います。

アターブルは、スコーンと紅茶を。。

外用のガスオーブン初出動。

IMG01328

熱々のスコーンを広い空の下で

ぜひ頬張ってください♪

 

お天気を祈るばかりです。