おはようございます。

一年で一番、お昼が長い日。
夏至が今年も訪れました。
北部九州は曇り空ですが
雲の上の太陽は明るく輝いているでしょう。

毎年、夏至と冬至の夜は
キャンドルナイト。
夜の営業をしているのですが、
今年の夏至は
一度お休みをさせていただきます。
(お昼の営業はしています)
来月の祇園の夜は
営業する予定です。(今年もカレー!!)

IMG01442

昨日は小さな旅へ。
山の上から見た
海と空の境のない景色。
大好きな場所です。

そしてこちらも。
IMG01445

ロバの本屋さん。
本当に素敵な空間でした。
ぐっとくる本たちが
たくさん並んでいました。
また行きたいな。

梅雨の真ん中。
みなさま、今週も健やかに。
夏至の夜、電気を消して
心静かに過ごしましょう。


今年の梅が、あまりに芳しく、
その甘酸っぱさに
ジャムを作る手を止められません。

長野から届いたルバーブと
梅を合わせました。
「なんとも言い表せない色だなぁ」

横でなおちゃんがつぶやいた、
「モネ色」。

ジベルニーのモネの庭へ
妄想の旅はひとっ飛び。
IMG01439


梅雨と言えば
字のごとく
梅と雨の季節。

梅仕事は
甘酸っぱい香りとともに。
梅干しにしたり
IMG01433
梅酒を漬けたり。

そして梅ジャム。
すももみたいな香り。
今年の梅ジャムはとってもフルーティ。
只今アターブルのジャム棚は
甘酸っぱさでいっぱいです。

IMG01435
ルバーブキウイ、杏、梅。
今週は杏ミルクも作ります。

梅雨のテーブルに
爽やかな風を。


賑やかなまつりのあとは
静かな日常が戻ってくる。

家から数分で
こんな緑に出会えるとは
なんて幸運だろう。

IMG01430

さやさやと木々の間をそよぐ風の音。
深く深く呼吸をする。

今日はスタッフなおちゃんと石井さんに
お店をおまかせして、
私は片付けと休息を頂いた。

この本の完成を見届けて旅立った
詩人の一生がぎゅっと詰まった一冊。
やっと頁をめくることができた。

IMG01432

自由とは、どこかへ立ち去ることではない。
考えぶかくここに生きることが、自由だ。
樹のように、空と土のあいだで。(空と土のあいだで より)

詩人の言葉は
私の今日にも生きている。

そして樹に会いに
言葉を胸に
森を歩こう。
雨の日もまた
よきかな。


梅雨の入り口6日7日は
しょうぶまつりでした。
心配されたお天気も、
天照大御神は微笑んでくれました。
(前日のテント張りの直前に止み、
翌朝の清掃後から降り始め
本当に有り難い!)

間の会は、戸畑とゆかりのある
お店の方々の会です。
今回も、準備を皆で進め当日を迎えました。
IMG01415
PEACEたあこさんお手製のボード。
ショップカードやお知らせを挟んでいます。

「こんな商店街あったらいいね」
いつもは点在しているお店も
集まると賑やかです。
写真は朝の準備の時。
始まるとたくさんのお客様で
写真を撮る余裕がありませんでした。
IMG01417

アターブルはジャムやスコーン、焼菓子など。
今回はフルーツサンドも。
おかげさまで両日とも完売でした。
IMG01425

蚤の市の楽しみは
いろいろあります。
お隣りふたご亭ブースの
看板犬ぶんちゃん(豆柴くん)。
途中大きなプードル登場!
犬と暮らす事を夢見ている私は
二日間、ぶんちゃんとそのお友達に
心癒されました。
IMG01424

私達出店者もおおいに楽しめた
しょうぶまつり。
小さな町戸畑に
たくさんの方が来てくださって
本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。

また、間の会で
みなさまとお会いできる日を
楽しみにしています。
関係者の方々、お疲れ様でした!