1997年の夏、フランスに出発する数日前、

お風呂あがりに歯磨きをしながら

ぼんやりとテレビを見ていた。

そこにはIMAGINEのJohnみたいに

白いスーツに白いピアノで歌うPV。

「永遠なるもの」という曲。

なぜだかわからないけど、

涙が出た。

次の日CDを買い、そして旅立った。

パンパンのスーツケースの中に厳選した

2枚の日本語のCD。

その1枚が新しく買った「金字塔」。

これが中村くんとの出会い。

 

なにせ2枚なのでヘビーローテーション。

家に遊びに来てくれる

日本人の友人達にも

あっという間に広まって

みんな中村くんが大好きだった。

仲良しだったあきちゃんと

「日本に帰ったら、いつかLIVEにいこうね」。

なんて言ったりもしていた。

 

そして月日はぐるぐると流れていき、

その「いつか」がやってきた。

18年の時を経て。

 

あきちゃんとならんで

中村くんの歌をいっしょに歌った。

その「金字塔」の中に

「20年後に会いたい故に〜」という

歌詞もなんだかシンクロニティで、

不思議なような、でも

必然のような、

「神様って粋なことするなぁ」と

感謝した。

まぁ、18年ってざっくりと20年ということで(笑)。

 

中村くんがそのLIVEで発表した

新曲「SKYLINE」。

その歌詞がまた

「今」と「これから」のヒントが

散りばめられていて

「またまた、神様ったら」

とにんまりしている

今日このごろ。

 

中村くん、ありがとう。

また、遊びに行くね。←LIVE

あきちゃん、また並んで歌おうね。

 

 


人生は螺旋階段のよう。

ぐるりとおおきな円を歩んできて

今、また3回り目あたりのスタートのような

そんな感じがしています。

今月に入って

大切な友達が二人、訪ねてきてくれました。

フランスのDijonという町で

同じ時間を過ごした友人です。

ひとりは東京から、そしてもうひとりは石垣から。

 

東京の友人とは、たくさんの美味しい時間を

共有しました。その土地のワインとお料理。

今の自分のベースになっている出来事が

ぎゅっと詰まっています。

お互い子育てが終わったら、

いっしょにフランスに行こう。

そんな新しい夢も生まれました。

 

石垣の友人は、フランスにいた時言ってた

「楽しくなくっちゃ嘘だよね」。

その言葉がとても印象的でした。

それから、お互い「楽しい」とは言ってられない経験も

たくさんしました。

けれども、そんな時、彼女の言葉と笑顔を

そっとポケットから出して

また歩みを続けようと

そうしてまた、出会うことができました。

「大丈夫、時間はたっぷりあるから」

石垣の島時間のお裾分け。

その言葉が、きっと今の私には

これからの歩みの「お守り」になりそうです。

 

出会って、別れて、そしてまた会える。

有り難いですね。

思い出話しというより、

「今」と「これから」が話せる。

そして会いに来てもらえるって

ご褒美みたいな時間です。

 

会いたい人が、近くにも、遠くにも

たくさんいます。

私も、会いにいきますね。

IMGP1385

 

 

 


4月に入ってあっという間にもう中旬。

みなさまお変りなくお元気ですか?

アターブルは毎日賑やかな日々を重ねています。

お菓子ももりもり焼いています。

(なおちゃんの焼き菓子も種類が増えてきました!)

ジャムも船越農園さんに二回戦目も作り終え

46キロのいちごがジャムになりました。

今年のいちごは待った甲斐があり

きゅっと甘さと酸味が詰まっているようです。

糖度をぎりぎりに抑えて

そのまま一匙、食べられるジャムに仕上がりました。

IMG01375

スタッフ石井さんのリクエストで

只今チーズケーキを研究中です。

 

そして4月に入って「引越してきました」

というお声もちらほら。

暮らしやすい町、戸畑を

少しずつご案内できたらなと思っています。

 

日々の中で、少しずつ「新しい」何かを。

そんな始まりの季節です。

 

なかなかパソコンまでいきつきませんが

ぼちぼち更新していけたらと思っています。

 

 

 

 


週末の雨は、花散らしの雨。

桜の季節はあっという間ですね。

アターブルの前の銀杏たちは

新芽をにょきにょき出し

夜宮のなんじゃもんじゃの木も

同じく新芽をにょきにょき。

春は日に日に目に見える形で

進んでいきます。

 

今月のアターブル。

チーズケーキをベイクドチーズからレアチーズへ。

そしてたくさんできあがった

船越農園さんのいちごでできた

いちごジャム。

(いちご、いちごオレンジ、いちごピール、

いちごラズベリー、いちごみるくの5種)

ファミーユセットは鶏肉のグリル レンズ豆添え。

 

イベントでスコーンを買って下さった方から

「今日はスコーンありますか?」とお尋ねがあります。

当日でもお電話頂けたら

ご準備できます。

 

始まりの季節。

素敵な出会いがありますように。

 

 


春。

始まりの季節。

 

「大学に合格しました」

時々お母さんと来て下さる息子さん。

その日は、お母さんと弟くんといっしょに

嬉しい報告でした。

次にお会いする時は

ちょっと大人の顔になっているのだろうなと

子供時代の最後の日を見させてもたったような

柔らかな春の昼下がり。

「希望」と「光」が

形となって見えた午後でした。

 

毎年3月は、転居や新しい道に向けて

別れの季節でもあります。

お店を始めた頃は、そんな場面に

切なくなり、なんだか3月は寂しい季節でもありました。

季節を重ねるうちに

そのお別れから再会を知ると

さよならはまた会いましょうだと

笑顔でこの季節を過ごせるようになりました。

 

その息子さんの好きな

バナナのタルトを

これからもここで

焼いていきますね。

 

お菓子やお料理のレシピに

そんな物語が増えていくのは

とてもしあわせなことだと

思っています。