日中はまだまだ暑いですが
朝晩の涼しさにホッとしている方も
多いと思います。
私もやっと呼吸ができてます。

8月は少し羽を休めることが
できました。
久しぶりの友人との食事、
積もる話は会えない時間を
ひとっ飛び。
長い付き合いだけど、
今とこれからの話しをできるのは
本当に有り難い。
頻繁には会えないけれど
それぞれの空の下、その存在が
支えになっています。

8月最後の夕暮れ。
気持ちいい風にしばらく吹かれました。
流れる雲を見ながら浮かぶ
あの人、この人。
少しずつ、会いに行こうと
思う夏の終わりです。

明日から9月。
低空飛行から少し高度を上げて
気持ちよく飛べますように。
みなさま、小さな秋を見つけながら
新しい月も健やかに。


夏になると涼しい部屋で
星野道夫の本を読むことが
恒例の夏の至福の時間。
涼しい空間で
あたたかな言葉に
包まれるのだ。

文庫本しか持っていなかった
「旅をする木」。
単行本は現在ほぼ品切れ状態で
ナツメ書店さんに古書を探して頂いて
手元にやってきた。

先日お客様とのお話の中で
星野さんの話がでたので
単行本をお貸しした。

数週間後そのお客様がやって来て
申し訳なさそうに
ラッピングされた袋を下さった。
開けてみると
新品の単行本の「旅をする木」。

話を伺ったところ
私がお貸しした本に
お茶のシミをつけてしまったため
新品を買って返してくださろうと
思われたそう。
ところがこの単行本
絶版状態なので近くの大きな書店にも
なかったらしい。
いろいろな書店に問い合わせて下さり
結局広島の書店から
お取り寄せ下さったとの事。

いろいろ問い合わせていく中で
書店の方が
「あの書店にはあるかも」と
情報を下さったり
そのやり取りが楽しかったとも。

気にならないくらいの小さなシミ。
とても恐縮してしまい
「探して下さった新品をご遠慮無く
いただくので、代わりに私の本を
受け取ってもらえますか?」
そう提案してみたら
「せっかくなので、新品は
ご自宅の本棚に。そしてこの本は
他のお客様が読んでもらえるように
お店の本棚に置いてください。」

以前、この「旅をする木」の文庫本の
「木」に一本横線をひいて「本」と
書かれた一冊の「旅をする本」が
手から手へ
いろいろな持ち主の元旅をしたという
テレビ番組を見た事がある。
実際、多くの日本の旅人が
この本を持って旅をして
外国の古書店やユースホステルで
旅人から手を離れ
新たな旅人へと渡った話しは
耳にしたことがある。
この1冊をきっかけに
結ばれたカップルも知っている。

そんな「旅をする本」。
アターブルでもたくさんの方に
手にとって頂けたらと思います。
Kさんのご厚意で、
アターブルの「旅をする木」に
最初の旅の物語が出来た事、
心から嬉しく思っています。

9月3日まで
久留米市美術館にて
「星野道夫の旅」という展覧会が
開催されています。
私も夏の終わりのおたのしみに
しています。


「お盆の声が聴こえると
暑さも和らぐ」
今年はホントに???と疑い深く
期待をしていなかったのですが、
ここ数日風が変わってきましたね。
すばらしい。

アターブルは15日までお休みを
頂いています。
親類や友人と食事をしたり
休みらしい休みを過ごしています。

暑さと湿度にめっぽう弱い私ですが
夏の好きなところを
見てみようと(少し涼しくなったので
心に余裕ができたのか!?)。

たとえば・・・・

きらきらと輝く海の水面。

花火。

涼しい部屋で飲む温かい飲み物。
同じく涼しい部屋での読書。
(主に長編漫画。または長編小説)

アイスコーヒー。
(お店では水出しですが、最近
深煎りの豆を濃く淹れて
氷でさっと作るアイスコーヒーに
はまっています)

夏のくだもの
 桃、ネクタリン、プラム、すいか。

そうそう。
今年も岡山の白桃で
ジャムを作ることができました。
お盆明けから販売いたします。

桃かわいい。
香りよし、味よし、器量よし。

な〜んだ、結構あるじゃない(笑)。
苦手の中にある、好きな事。
残暑さん、おてやわらかに。
みなさま、8月後半も
健やかにお過ごしくださいね。


最近の心動いたもの。


自宅屋上から見えた
くきのうみの花火。

美しいものはいつも儚い。

おやつの時間は
しあわせの近道。
ブレイク、ブレイク。
ひとやすみ、ひとやすみ。
(心なしか、夏は休憩多し)。

ルガールの白桃のベリーニ。
旬のものは一瞬。

やはり儚いものは美しい。

東部障害センターの
お菓子教室も
今日で8回目。
ウエル戸畑7階調理室から見える景色。
小さな頃からずっと知ってる景色。

変わらぬものも やはり美しい。

写真で切り取るように
シャッターを押さずとも
何かしらの美しさは
目の前に、そこらかしこに。

低空飛行の夏ですが
感度は上げていこう。

いけるかな。。。

いくべし!


8月が始まりました。
体温くらい気温のある日々が続いていますが
みなさまお元気ですか?

私は低め安定に
なんとか日々を重ねています(笑)。

アターブルの夏は
少し遅めのお昼ごはんや
のんびりお茶をする方、
ゆっくりとした夏の午後。
これも毎年の風景です。

夏はもっぱらインドア(外出不能)。
今年の課題図書は
スタッフしなちゃんにお借りした
「火の鳥」。

手塚治虫、震えます。
子供の時読んでいたらどうだっただろう。
手塚治虫。。。。宇宙です。

みなさま、それぞれの空の下
それぞれの夏を
お楽しみください。
せめて暦の上だけでも、、、、と
立秋待ちの店主が
店の中では涼しい顔をして
お待ちしています。