お母さんの住むLa Trinite sur Merは
Carnac(カルナック)の近く。

巨石遺跡が4km近く続く。
それはとても壮大な
そして不思議な風景。
ブルターニュはケルト文化の地で
紀元前4000〜5000年と
はるか遠い時代から
今もここに在る不思議。

途中、村の教会へ。
石造りのその教会は
光が溢れていた。
壁には船の絵も。
どこにいても
海を感じる。

最寄り駅Auray(オーレー)は
とても美しい街。
ついつい引き込まれる
路地道。
ギャラリーやアトリエも
多い街。

クレープリーやカフェで
のんびり午後を過ごす。

時間を越えた歴史と
どこにいても風を感じる
ブルターニュ。

大好きなお母さんと
おばあちゃんの暮らす街。
きっとまた
かならず会いにいくね。

最後に
96歳のマドレーヌおばあちゃん。
マミーと腕を組んで
ゆっくり歩きながら
見えた景色は
走りがちな日常の
ふとした瞬間に
そのスピードを
思い出させてくれるだろう。
これからきっと何度となく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation